りくひろブログーIT転職の歩き方ー

転職したいIT関係者・SEの皆様に情報を提供するブログです。

転職活動は情報収集が成功の鍵!効率的なやり方とは?

f:id:rikuhiro1:20191012155317j:plain

情報戦を制するものが転職活動を制する!

本サイトでもたびたびお伝えしている通り、転職活動で大事なポイントの一つに「情報収集」があります。情報収集を制するものは転職活動を制する、と言っても過言ではありません。

ネットがあるからいつでもどこでも情報収集することはできるものの、どんな情報をどれくらい集めれば良いのか、と言われると、転職経験の少ない人にとっては迷いどころですよね。

本記事では、転職活動にあたってどんな情報をどんな手段で収集すべきか、についてを紹介したいと思います。

 

 

転職活動は情報戦

転職活動をにあたり、情報収集を適切に行うことは、転職活動を成功させるために非常に重要なポイントとなっています。

業界の求人動向を知らずに応募し不本意な求人に応募してしまう。比較検討の材料を集めないまま早く内定をもらった企業への入社を決めてしまう。企業情報のリサーチ不足

によって面接で効果的なアピールができず、希望の会社から内定を貰えない。

…などなど、情報収集を疎かにすることが、転職活動では命取りとなりかねません。だからこそ、時間がないとか、調べ方がわからないからという理由で適当に済ませてしまうのは厳禁なのです。

 

どんな情報を集めるべきか

一口に情報収集とは言っても、集めるべきなのは応募する企業の情報だけではありません。どんな情報を集めればよいかを下記に一覧化しました。

情報種別 確認ポイント 収集方法
業界動向 ・希望業界の採用活動状況 ・業界ニュース
・希望業界で求められる人材 ・転職エージェントから提供
自分の市場価値 ・キャリア、年齢から転職後の年収を想定 ミイダスDODAの診断サービス
・内定をもらえそうな企業 ・転職エージェントに尋ねる
企業情報 ・展開している事業や財務状況 ・企業HP
・採用活動の状況 ・転職エージェントから提供
・社風、残業、昇給の実態等

Openwork転職会議
 等の企業口コミサイト

業界動向

あなたが希望する業界で中途採用が活発化どうか、希望業界で求められているのはどんな人材か、ということです。これは時代によって刻一刻と変わっていくものであり、転職活動のタイミングを見計らうために重要な情報となります。この情報を収集した結果、転職活動を今すぐ行うべきか、もう少し先に伸ばして機が熟すのを待つべきかなどを判断することができるでしょう。

ただし、これは個人で転職活動をする場合には、インターネットの公開情報だけが頼りとなり、なかなか収集するのが難しい情報でもあります。この情報を得たければ、やはり転職エージェントに登録し、キャリアアドバイザーから情報を得るのが最も確実でしょう。過去と比べて求人がどのくらい出ているか、企業や企業担当者の中途採用への温度感は如何ほどかなど、より企業側に近い情報を得ることができます。

 

自分の市場価値

今自分が転職をするとしたら、年収をいくらに設定するかという話です。どうしても現在の年収と比べてしまいがちですが、それが市場相場と比べて高いのか安いのかって、イマイチぴんと来ませんよね。

手軽に調べられる方法として、ミイダスDODAなど、各社の転職サイトが出している診断サービスがあります。どういった職種が適しているかなどの適性診断も行うことができるためおすすめです。

 転職エージェント経由での転職活動を決めている人は、転職エージェントと相談して客観的に見積もってもらうのも良いでしょう。

 

企業情報

これが転職活動を行う上で最も肝になる部分です。最重要部分ですから、もう少し細かく見たいと思います。

確認ポイント1:展開している事業や財務情報

こちらは、企業のHPから情報を集めるのが一番早いです。企業HPでは以下のような情報をチェックするようにしてください。

 

会社の経営理念

会社が目指しているTo-Be像がここに記載されています。これによって、事業展開や求める人材像は大きく変わってくるのです。

組織体制

組織図を見れば、おおよそその企業がどの事業に注力しているかが見えてきます。あなたが応募する職種が属する部署の位置づけを確認しておく方がベターです。

人材採用、育成に関する考え方

中途採用に力を入れている企業であれば、このコンテンツがある程度充実しているはずです。また、教育研修制度については十分に確認してください。社員のスキルアップをサポートしてくれる体制であるかどうかは重要な要素です。

展開している事業、取り扱うサービス

募集職種的には希望とマッチしていそうなんだけど、実際に面接を受けてみたらなんか思ってたのと違う…という話結構あるんです。取り扱っている製品から、あなたが入社した場合どんな仕事をするのか想像することも必要です。また、競合他社と比べて将来性や競争優位性があるかなど、しっかり判断したいところですね。

業績・財務状況

上場している企業なら、貸借対照表や損益計算書のPDFファイルを載せている企業が多いです。数年分の業績を比較すれば企業の経営状態を把握することができます。企業の体力を判断するには、営業利益率(売上高に占める営業利益の割合)をチェックすると良いです。

誰もが聞いたことがある企業でも、以外に業績不調…ということは結構あります。泥舟に乗らないように自分を守るためにも注意して確認しましょう。

経営計画

一定以上の規模の企業なら、おおよそ3年ごとに3カ年計画のようなものを立てており、PDFなどで公開しています。上場企業ならば株主に公開する情報でもあるため、無茶な計画は立てないはずです。この情報をもとに、今後その企業がどの方向に舵を切ろうとしているか、どれくらい成長していく見込みなのかということが判断できます。

また、私自身の経験ですが、経営計画に載っていた具体的な売上計画等の話に触れながら「私はこんな仕事がしたい」という話をしたところ、『よくウチの会社について勉強している』と評価されたことがあります。面接での話のネタにもなりますから、要チェックです。

社員の声

中途採用に力を入れている企業なら、現場の具体的なイメージを持ってもらうために社員の声を紹介しているケースが多い。仕事の内容や、何にやりがいを感じているのか、仕事の任され方等も確認できます。

ただし、インタビューされる側になるとわかりますが、この点情報は社員が話したことをライターが綺麗に整えて記事にしています。都合の悪いことはカットしていたり、言い回しをかなりマイルドにしてあったり、必ずそのような操作はされていますので、参考程度に見ておいてください。

 

確認ポイント2:採用活動の状況

その企業が出している求人では、どのくらいの人数を募集しているのか、その他の求人はどのくらい出ているのかなどの情報です。これにより、その企業が今どの程度採用活動に力を入れているのかがわかります。応募人数にもよりますが、15人採用予定の企業と、2~3人採用予定の企業では通過率が断然違うのは当然ですよね。

これは転職エージェントに確認しないとわからない情報だと思います。是非エージェントに登録して、キャリアアドバイザーに尋ねてみてください。

 

確認ポイント3:企業実態

とは言え、企業がHP上で出している情報や、企業から報酬をもらう転職エージェントからの情報だけではあまりに情報が企業側に寄りすぎています。少し労働者側の目線も入れるために、企業の口コミサイトも合わせてチェックしておきましょう。

Openwork転職会議などの企業口コミサイトに登録すれば、その企業で働いている人、働いていた人の生の声を見ることができます。内定をもらった後、入社する企業を決めるときにも役立つでしょう。

ただし、口コミをチェックする上でいくつか注意点もあるので下記に記載します。

口コミを確認する上で注意するポイント
・広い期間にわたって複数の人が同じことを書いているのは、正しい可能性が高い
・エピソードや明確な証拠を伴う口コミは信用度が高い
・平均年収や募集要項の年収と比べてあまりにも年収が低い口コミは、その人が低評価なだけの可能性が高い
・あまりにも一定時期に集中しているものは、ヤラセの可能性あり
・不自然に肯定的な意見は話半分に見ておく
・最近は働き方改革による労働環境改善が著しい会社多いので、ここ数年の口コミに絞って見る
・目指すポジションでないものは参考にしない(正社員のSEのものだけ見るなど)

 

まとめ

いかがでしたか。

今回は、転職活動にあたっていかに情報収集が重要かということと、その情報収集の方法についてご紹介しました。転職サイトや転職エージェント、企業HPなど様々なツールやコンテンツを使い、あなたの転職活動を有利に進められるよう情報を収集してくださいね。

おすすめ転職エージェントを紹介

*総合型
①リクルートエージェント
 業界No.1。とりあえずでも登録すべき
DODAエージェント
 業界の二番手。リクルートエージェントと併用したい
マイナビエージェント
 第二新卒・20代など若手なら選択肢に入れたい
④JACリクルートメント
 現在の年収が600万を超えているハイキャリアの人向け
⑤パソナキャリア
 キャリア相談が丁寧と評判
 
特化型
①IT・Web業界
 ・現在は総合型だが元々IT特化 WORKPORT
 ・IT業界の高収入狙いの人向け TechClipsエージェント
 ・IT業界に強い企業の中では大手 type転職エージェント
②第2新卒
 ・学歴不問! ネオキャリア第二新卒エージェントneo
 ・10代~20代に特化した就職サポート ウズキャリ
 ・第二新卒・若手に強い キャリアスタート
③ハイキャリア向け
 ・年収600万以上の転職者向け JACリクルートメント
 ・スカウト方式のエージェント ビズリーチ

.

おすすめ転職サイト

①業界一の求人数! リクナビNEXT

②転職サイト機能も備える DODA

.

おすすめ情報収集サイト

①あなたのキャリアパスを見極めるなら ミイダス

Openwork(旧Vokers)

カイシャの評判

転職会議

ブログランキングに参加しています
記事を見て「参考になった!」という方は応援クリックをよろしくお願いします!

にほんブログ村 転職キャリアブログへにほんブログ村

転職・キャリアランキング