りくひろブログーIT転職の歩き方ー

転職したいIT関係者・SEの皆様に、活動に役立つ情報を提供するブログです。

転職活動の流れとは?押さえておくべき7ステップ

どんな方法で転職するのが良いのでしょうか?

どんな方法で転職するのが良いのでしょうか?

前回の記事で、何かの不満がきっかけで『転職したい』と考えた時に、その不満が本当に転職によって解消されるものかどうかを精査するのが良いとお話をしました。

 

前回の記事はこちら

www.rikuhiro.com

 

ここをよく考え、『それでもやっぱり転職だ!」と感じたであれば、転職に向けて準備を始めましょう。

しかし、もしあなたがこれまでに転職の経験がなかった場合、『何から始めていいのかさっぱりわからん」と思うでしょう。ここで心理的なハードルが邪魔してしまい、転職を断念する人も少なくないようです。

そこで、今回は転職活動がどのように進んで行くかということと、最初のステップとしてあなた自身が考え、整理しておくべきことをご紹介します。

 

 

転職活動のステップ

まず、転職活動がどのようなステップを踏んで進んでいくものかをご紹介します。

この中にもある転職活動のスケジュール作成の際の参考にしてみてください。

 

1.事前準備

転職活動というと真っ先に選考や選考をイメージすると思いますが、その前に事前準備のステップが必要です。ここでは、以下の5点を検討・整理します。 

  • 転職する目的
  • 目指す業界、職種の選定
  • キャリアの棚卸
  • 自己分析
  • 転職活動のスケジュール作成

『面倒くさいな…』と思われたかもしれません。しかし、

このステップが疎かになっている人の転職活動は十中八九上手くいきません。

良い転職ができた、と自信を持って前に進むためにも、ここは真剣に取り組んでいただきたいと思います。

 

2.情報収集

このステップで収集すべき主な情報は以下のものです。なお、情報収集はこのステップで完結するものではなく、選考終了まで継続・反復して行うものと認識してください。

  • 転職サービスに関する情報
  • 転職先の業界の情報
  • 適正年収を知るための業界動向情報
  • 志望する企業の情報 etc.

昨今の転職活動は、情報戦を制するものが勝つ 、と言われるほどです。

正直なところ、企業HPや求人票、転職エージェントなどから得る情報はほぼ綺麗事しかありませんから、転職活動の参考となる、実情に近い情報を得る必要があります。

 

3.利用媒体・サービスの選定

現在では、転職活動を支援するサービスにも様々なものがあります。

  • 転職エージェント
  • 転職サイト
  • 直接応募
  • ハローワーク
  • リファラル採用
  • TwitterなどのSNSによる採用 etc.

様々なルートがあって迷ってしまうかもしれませんが、ケースによったり、転職者であるあなたのタイプによっても、おすすめのサービスは変わります。

よく、「転職エージェントはダメ」「転職サイトはブラック企業ばかり」「直接応募じゃ受からない」みたいなことを言っている人がいませんが、非常に偏った見方ですのですのであまり参考にならないと思ってください。

ここでは、それぞれのメリット・デメリットを把握した上で、自分に合ったサービスを選択する必要があります。別記事でもう少し詳しくご紹介しますので、転職サービス選びの参考になさってください。

 

4.書類作成

履歴書、職務経歴書、志望動機書などの書類作成を行うステップです。ほぼすべての企業の最初の選考は書類選考です。ここを通過するために作成するものですから、非常に熱を込めなければならないことはおわかりいただけると思います。

ただし、非常に分量が多くて労力がかかるのも事実。ネットに参考情報が色々乗っていますので、それを自分用にアレンジして作成してみてください。

転職エージェントを利用して転職活動をされる方は、応募書類の添削をしてもらうことができます。ぜひ利用してください。

 

5.求人選定・応募

1.のステップで検討・整理した内容を基に、実際に応募する求人を選定し、応募します。この時、必ず企業HPや口コミサイト(Openworkカイシャの評判転職会議)などを利用し、企業の情報をチェックしてから応募することをおすすめします。ここできちんとフィルターをかけておかないと、とんでもないブラック企業に捕まってしまうかもしれません。

 

6.面接

転職活動の肝、面接のステップです。企業によって1回しか面接がなかったり、3~4回面接があるところもあります(コンサルティングファームなどは面接回数が多い傾向にあります)。現職を持ちながらの活動ですと、ここでのスケジュール調整がなかなか難航します。余裕を持って、無理のないスケジュールで進められるようにしてください。

7.内定・退職・引継ぎ・入社手続き

あなたが入社したい!と思える会社にめでたく内定をもらえたら、次のようなステップで転職活動のクロージングに入ります。

  • 直属の上司へ退職の報告
  • 退職時期の調整
  • 引継ぎ作業
  • 退職手続き
  • 転職先企業の入社手続き

ここまで済めば、あとは退職を迎えて、新しい会社への入社日を迎えるだけです。転職活動お疲れさまでした!頑張った自分にご褒美をあげてください。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?『そんなことしなくちゃいけないの?』というものも中にはあったかもしれません。しかし、上記のことを網羅した上で転職活動に臨むのと、そうでないのとでは、経過や結果に大きな違いが生まれてきます。

転職は、その後の人生を左右する人生の一大イベントです。それを成功に導くためにも、上記を参考に本腰を入れて取り組んでいただきたいと思います。

 

上記では、転職活動をする際に必要なステップを簡単にご紹介しました。今後各ステップをもう少し掘り下げて、詳しくご紹介する記事をアップしたいと思います。そちらもぜひご覧いただき、あなたの転職活動の参考にしていただければ幸いです。

 

 

ブログランキングに参加しています。
記事を見て「参考になった!」という方は応援クリックをよろしくお願いします!

にほんブログ村 転職キャリアブログへにほんブログ村

 

転職・キャリアランキング