りくひろブログーIT転職の歩き方ー

転職したいIT関係者・SEの皆様に、活動に役立つ情報を提供するブログです。

転職活動時にするべき5つの事前準備

事前準備は最重要ステップと言っても過言ではありません

事前準備は最重要ステップと言っても過言ではありません

先日の記事で、転職活動時に必要な7ステップについてご紹介しました。

 

詳しくはこちらをご覧ください。

www.rikuhiro.com

 

上の記事で、転職活動における事前準備とは、主に下記の5つについて検討、整理することだとご紹介しました。

  • 転職する目的
  • 目指す業種の選定
  • キャリアの棚卸
  • 自己分析
  • 転職活動のスケジュール作成

とは言っても、初めて転職活動をされる方はこれを羅列されても「???」となるかもしれません。そこで、本記事ではこの5つの項目それぞれについて、もう少し掘り下げてご紹介したいと思います。少しでも皆さんの転職活動の参考になれば幸いです。

 

 

転職の目的

 まず考えるべきは転職の目的です。

つまり、「あなたは転職することで何を達成したいのか?

という問いに答えを用意することです。

 

転職を思い立ったということは、【やむを得ない事情が生じた】もしくは【何らかの不満が生じた】ということです。これらについて、

  • 何が原因で発生しているのか
  • 解決するためにはどうすべきか

ということを、まずは分析する必要があります。

その上で解決方法を探り、転職によってしか解決することができない、と判断したならば転職に踏み切りましょう。

 

またこの時、転職したいと主に至った原因を複数挙げておき、解消したい順番に優先順位を付けておくと良いです。これを先にやっておくと、転職活動で企業を探すときの条件の優先付けに役立ちます。

 

参考としてこちらの記事もご覧ください。

www.rikuhiro.com

 

目指す業種の選定

一口にITと言っても、その中でも様々な業種があります。SI、ソフトウェア、ハードウェア、Web系、ゲーム etc.。業種によって必要な能力や待遇は全く異なります。

あなたが現在と同じ業種でキャリアアップを図りたいというような場合は特に気にする必要はありませんが、未経験でIT業界に飛び込む方や、IT業界の中でジョブチェンジを図る方は、どの業種をターゲットにするかを絞り込む必要があるでしょう。

IT 業種 一覧」でググると色々情報が出てきますので、チェックしてみてください。

後日、本ブログでもIT業界の業種について整理する記事をUPしますのでよろしければご覧ください

 

キャリアの棚卸

このステップでは、あなたのこれまでのキャリアを整理します。ここで洗い出しをしたことを基に、後の書類作成フェーズで職務経歴書を作成することになります。

抜け漏れを防ぐため、以下のようなステップで洗い出してみることをおすすめします。

  1. 新卒~現職までの経歴を、まずは社名・部署名・在職期間で洗い出す
  2. 所属部署ごとに、担当した案件や業務を洗い出す
  3. 担当案件・業務ごとに【年数・役職・実務内容・成果】を洗い出す

最終的には以下のような形で職務経歴書にまとめます。

キャリアの棚卸は、選考の第1段階である書類選考を突破するための事前準備です。あなたのキャリアと達成してきたことが魅力的に伝えるための骨子を作る部分ですから、腰を据えて取り組みたい部分です。

mynavi-agent.jp

 

自己分析

このステップでは、あなたの強み・弱み・性格について分析し、あなたがどういう人物であるかを他者にわかりやすく伝えられるよう言語化します。

新卒の就職活動でも問われたことがあるかと思いますが、転職活動における面接でも、

  • あなたの強み(弱み)は何ですか?
  • ご自分をどのような人間だと思われますか?

というような質問がよくされます。これらの問いに答えを用意し、アピールするためのステップだと考えてください。

 

ここで大切なのは、必要以上に謙遜したり、自信過剰な振る舞いを排除し、客観性と具体性を持たせることです。他人からの評価や具体的なエピソードを踏まえて話を組み立てると、納得性の高いアピールができるでしょう。

 

転職活動のスケジュール作成

事前準備の最終ステップとして、転職活動のスケジュールを作成します。

転職活動に要する期間は、一般的に3か月~6か月であることがほとんどです。

ここから、スケジュールを逆算して組み立てていきます。

以下に、スケジュールの例を示します。

 

例):10月入社を狙う場合

 6月:事前準備、情報収集、利用サービス選定

 7月:書類作成、応募、面接

 8月:内定、引継ぎ、退職

 9月:有休消化、入社手続き

10月:入社

 

実際の転職活動のスケジュールは、これとは異なる可能性も十分ありますし、スケジュール通りいかないことを大きく気にする必要はありません。

重要なのは、期限を定めて覚悟を決めることです。

最終的に転職するにしてもしないにしても、具体的な期限や目標がなければ、なかなか本腰が入らないのが人間です。自分を追い込むためにも、具体的なスケジュールを定めることが大切です。

また、書類選考時や面接時に入社時期は必ず尋ねられますから、きちんと答えられるようにしておいてください。

 

まとめ

今回は、転職活動の事前準備について、ステップごとにやるべきことを簡単にまとめました。いかがでしたか?

今回ご紹介した事前準備の部分は、面倒なこともあり蔑ろにしてしまう人も多いのが実情です。しかし、この準備を怠ったことによって転職活動が満足いかないものになってしまったら、とても勿体ないことです。

転職活動を成功させるためにも、そしてあなた自身のキャリアを方向付けるためにも、腰を据えて事前準備に取り組んでみてください。

 

 

ブログランキングに参加しています。
記事を見て「参考になった!」という方は応援クリックをよろしくお願いします!

にほんブログ村 転職キャリアブログへにほんブログ村

 

転職・キャリアランキング