りくひろブログーIT転職の歩き方ー

転職したいIT関係者・SEの皆様に、活動に役立つ情報を提供するブログです。

転職活動は退職前と後どちらにするべきか?それぞれのメリット・デメリットとは

f:id:rikuhiro1:20200215161950j:plain

安心を求めるか、退路を断つべきか

 転職活動を始める時、考えることの1つとして、

【辞めてからやる?仕事を続けながらやる?】というものがあります。どちらを選ぶべきか悩ましい…という方も多いと思います。今回は、それぞれのメリット・デメリットを確認していきたいと思います。

あなたの状況に合わせ、より適切な選択をするための参考にしてみてください。

 

 

基本は仕事を続けながらの方が良い

私の体感的に、転職活動を会社を辞めてからする人、仕事を続けながらする人の割合は50:50くらいかと思います。理由はいくつかあるのですが、私は仕事を続けながら転職活動をすることをオススメします。

理由は後述しますが、例外もありますので、合わせてチェックしてみてください。

 

会社を辞めてから転職活動をする場合のメリット・デメリット

メリット

時間が取れる

 転職活動はやはり手間暇かかるものです。情報収集や思ったよりも時間を食われる書類作成等、仕事を続けながらだとかなり忙しくなることは間違い有りません。

じっくり考え、万全の対策をするには、会社を辞めている方が時間をとりやすいです。

スケジュール調整がしやすい

 在職中の転職活動で大きなネックになるのがスケジュール調整です。中には始業前や就業後に面接を設定してくれる企業もありますが、日中に指定してくる企業も多く、働きながらだとどうやって抜け出そうか気を揉むのがセオリーです。

その点、仕事を辞めていれば調整は自由にできるので大きなメリットと言えるでしょう。

 「すぐ入社できる人」が強みになるケースも

長年勤めてきた人が急に辞めて欠員が出てしまったので募集、とか、引き合い案件が多く、1人でも多く人員を確保したい、というような場合、すぐ入社できる人のほうが重宝がられて採用に繋がりやすいケースもあります。この場合は会社を辞めていることが強みになるでしょう。

リフレッシュしたり、勉強したりする時間が取りやすい

一番大きいのはこれかもしれません。転職活動で多少予定は入ってくるものの、会社を辞めていれば予定のない日はリフレッシュしたり、資格や何かしらの技術の勉強をすることもできます。仕事を持ちながらの転職活動だと、その2つでほぼ予定が埋まりきってしまうので、なかなか辛いところです。

 

デメリット

収入がなくなる

一番大きいのは収入がなくなってしまうことです。退職金等はもちろんありますが、やはり月々の固定収入がなくなってしまうのは痛いものです。もし辞めてから転職活動をするなら、向こう3ヶ月くらいは生活に困らないだけの蓄えが必要でしょう。

焦ってしまう

収入がなくなってしまうが故に『早く決めなくちゃ!』と気持ちが焦ってしまい、結果転職に失敗してしまう人は意外に多いです。また、退路を断ってしまうことになるので選考に落ちた時の気分の落ち込み具合や感じるストレスの度合いが大きくなることでしょう。

職歴に穴が空いてしまうかも

2ヶ月や3ヶ月で次の転職先が見つかれば良いのですが、それ以上長引いてしまうと、【職歴にブランクがある】と見なされてしまうことがあります。企業側の印象を落としてしまう可能性があるので注意したいポイントです。気にしない企業は全然気にしませんけどね。

考え直して戻ることが難しい

転職活動をしていて、『色々見てみたけど、やっぱり現職のほうが良いな』という結論に至るケースもあります。この時、会社を辞めてしまっていては取り返しがつきません。

 

仕事を続けながら転職活動をする場合のメリット・デメリット

メリット

ブランクや収入の断絶が発生しない

『もし良いところが見つからなければ最悪今の会社にとどまっても良い』と余裕を持てるので、精神的に安定します。

過剰に妥協する必要がない

会社を辞めてしまっていると、『とりあえずどこか転職先を見つけなきゃ!』という気持ちが先行して、希望条件をいくつも妥協してしまうケースも多いようです。現状の不満を変えたくて転職活動をするのに、これではもったいないですね。

仕事を続けながらの活動であれば、条件に納得行くまで企業を探すことができますから、その心配はありません。(どこかで妥協は必要ですけどね)

面倒な手続きが要らない

会社に所属していない期間があると、その期間中の年金や税金、保険などの手続きを自分でしなくてはなりません。これ超絶めんどくさいです。

 

デメリット

情報収集や書類作成の時間が制限される

情報収集もそうですが、意外と応募書類の作成って時間を取られます。手書きでももちろんですが、PCで作成する職務経歴書も真面目に作り出すとかなり手間です。これを仕事を持ちながら平日終業後や土日にやるのって結構辛い…という側面があります。

選考スケジュールの調整が大変

平日の12:00~とか10:00~とかで平気で面接設定してくる企業が多いので、仕事を持ちながらだとなかなか調整が大変な場合も多いです。何とか企業側にお願いして終業後にしてもらったりするのですが、相手にも残業を強いることになるので心苦しい所。何とか言い訳を付けて有給半休を取っても、何度も同じ手は通用しません。ここは大きなデメリットと言えるでしょう。

 

注意!こんな人は辞めてからの方が良い

 心身に異常を来している

職場でのハラスメントや酷い過重労働が原因で、既に心身に異常を来している場合には、仕事を続けながらなんて悠長なことを言っている場合ではありません。すぐにでも退職し、できることなら療養してから転職活動をすることをオススメします。ただ、特にメンタルに異常を来している場合は、ストレッサーから離れると劇的に改善される場合もありますので、状況を見て判断してください。

仕事が忙しくて全く時間が取れない

健康を害する程ではないけど、長時間労働でとても仕事を続けながら転職活動するのは無理!という人は、先に辞めてしまうのも1つの手です。しかし。上記のデメリットをしっかり理解した上で転職活動を行う必要があるでしょう。

 

まとめ

いかがでしたか?転職活動を退職前・後のどちらにするか、特に初めての方は迷うところかと思います。私は基本的に退職前の活動をオススメしていますが、上記のように個人の状況によって取るべき行動は様々です。

もしあなたが、転職エージェントを利用しての転職活動を検討しているならば、キャリアアドバイザーにあなたの現状を伝え、相談してみるのも良いかも知れません。

 

どちらのスタイルを選択するかで、あなたの転職活動の成否を決めかねない重要事項です。情報収集や比較検討の上、どちらにするかを選択してくださいね。 

 

 

ブログランキングに参加しています。
記事を見て「参考になった!」という方は応援クリックをよろしくお願いします!

にほんブログ村 転職キャリアブログへにほんブログ村

 

転職・キャリアランキング