りくひろブログーIT転職の歩き方ー

転職したいIT関係者・SEの皆様に、活動に役立つ情報を提供するブログです。

転職エージェント利用時の注意点!知っているか否かが転職成功の鍵を握ります

スポンサーリンク

転職エージェントを利用した転職活動について、本サイトではこれまで多くの記事で触れてきました。実際、転職エージェントでは上手く使えば心強い味方となります。

しかし、転職エージェントを利用する際には、押さえておくべき注意点がいくつかあります。今回はその注意点について、ご紹介したいと思います。

 

 

転職エージェントを使えば転職成功は絶対という誤解に注意

初めに転職エージェントについて認識していただきたいのは、多くの求人や情報を持ち、アドバイスも受けられる、頼りになる存在ではあるものの、利用すれば100%転職が成功するものではないし、絶対的な存在ではないということです。
また、転職エージェントの思惑を正確に理解し、言われたことを鵜呑みにしないこと、そして自分の考えや希望とのミスマッチがある場合ははっきりと伝えること、これらがとても重要です。以下で詳しく説明していきます。

 

必ずしも転職エージェント経由で転職をする必要はない

転職エージェントに登録したからといって、登録したエージェントの中から絶対にどれかを選んで転職をしなければならないという決まりはありません。もし、途中で転職サイト等の良い求人を見つけたら、そこに応募しても良いのです。


また、企業への応募は求人票、企業の情報を見て、自分が「ここならマッチする」と思える企業に入社するのが鉄則です。

  • そんなに意欲が高くもなかったけど、キャリアアドバイザーに押し切られた
  • アドバイザーが自分に合ってると言うのだからそうなんだろう
  • 転職エージェントに登録したから必ず紹介求人の中から決めなければならない

というような形で応募する企業や入社する企業を決めないようにしましょう。

大切なのは、自分で考えて決断するです。


転職エージェントはあくまであなたをサポートする存在であるということを、常に忘れないでください。

 

企業情報を鵜呑みにしてはいけない

転職エージェントは、企業側の担当者やそのエージェント経由で実際に入社した人などから、情報を手に入れています。キャリアアドバイザーに頼めば、あなたが応募する企業の情報の一部を提供してくれるでしょう。

転職エージェントから提供される情報の中には、正確でないものもある

しかし、その情報の多くは企業の担当者から受け取っていたり、入社間もない人から受け取ったものであることがほとんどです。会社の内情には、ある程度の期間働いている人にしか分からないものもありますし、企業側から転職エージェントにされている説明が実態と違うことも有り得ます。説明会で良いことしか言わないようなものです。

 

また、大手のエージェントでよくあるのが、求人集めのために企業に営業する部隊と、求職者へのサポート業務を行うアドバイザー部隊が、分業制で別々の状態です。この2つの部隊の連携がしっかりできないと、少々ずれた情報がキャリアアドバイザーから求職者に伝わることもあります。

アドバイザーが、あなたの応募企業に対してあまり知識がないとか、ピントがずれた情報しか提供してこないようなことがあれば、応募企業の営業担当に確認するよう、依頼してみましょう。

 

エージェントから提供される企業情報は公開されていないものも多く、とても有用ですが、このような例もあります。そのため、鵜呑みにはせず、別の方法で情報を探ってみることも大切です。

自分で企業情報を収集する方法

自分で企業情報を探るのに役立つのが、企業の口コミサイトです。その会社で今現在働いている人、過去に働いていた人が、その企業の何に満足し、何を不満に感じていたかを投稿し、公開されます。企業を絞り込む際には、これらのサイトもチェックしてみてください。これにより、入社前後のギャップを減らすことができるはずです。

 

代表的なサイトは「Openwork」「カイシャの評判」「転職会議」です。Openworkが投稿数最多ですが、この3サイトは一通りチェックしてください。

 

ミスマッチな求人を紹介されることがある

求人紹介が開始された後、何社か不採用が続いたりすると、「これではどこにも内定がもらえないかも…」というような不安に襲われることがあるかもしれません。

ここで隙を付くように、「応募だけでもしてみませんか?」のようにでキャリアアドバイザーから求人を紹介されることがあります。

こういった紹介は、得てしてアドバイザー側のノルマ達成のための活動であることが多いです。ミスマッチな求人だなと思ったら、流されず断るようにしてください。(こいつチョロい、と思われたらそういうケースが増えるかもしれません)

 

応募企業の優先順位も転職エージェント側の都合が影響しやすい

転職エージェントは、あなただけでなく、たくさんの求職者をサポートしています。あなたが好感触だと思って選考に臨んでいる企業でも、同じような条件の他の求職者が同じエージェントを使って応募しているもあります。

この場合、エージェント及びキャリアアドバイザーは、2人ともその企業に入社させたい、と思うものですが、仮にどちらかの求職者が他の企業から内定を獲得したりすると、エージェント側で勝手に優先順位付けをしてしまう場合もあります。

応募企業の内定を獲得すると、内定承諾書にサインをして承諾するのですが、この期限はエージェントと企業側で協議して設定することもあります。これを良い具合に調整し、あなたとライバルの間で内定を調整しようとする場合があります。

 

少々ややこしい話ですが、あなたが損をしないためには、今応募している企業の中で、どこが第1希望、第3希望、第3希望なのかを明確にし、アドバイザーにはっきり伝えておくことが大切です。そして、他企業の選考を受けるために内定承諾書の期限を調整してほしいというような要望がある場合には、それもはっきりキャリアアドバイザーに意思表示しましょう。

もし、上記のようなことをアドバイザー側から尋ねてきてくれれば、その担当者はある程度信頼できると言えます。

 

複数の転職エージェントから同じ求人に応募できない

複数の転職エージェントを同時に利用する場合に注意しなければならない点です。

2社以上の異なるエージェントから、同じ企業の同じ求人に応募することはできません。これをやらかしてしまうと後々トラブルになる可能性が高く、最悪内定を獲得したのに取り消し…なんて事態になりかねません。また、キャリアアドバイザーからの心象も悪くなってしまいます。

転職活動の開始時に、キャリアアドバイザーに複数のエージェントを利用していることをきちんと伝えておくことが大切です。

 

転職エージェントは基本的に年収の高い企業に転職させたがっている

転職エージェントは、転職者が内定を獲得し、実際に入社した時に、入社先の企業から転職者のオファー年収の30%程度を受け取ることで、売り上げを立てています。

つまり、転職者であるあなたがより年収の高い求人で内定を獲得すれば、その分転職エージェントは高い売り上げを立てられるわけです。基本的には、キャリア不相応に年収が高い求人に応募しても通過可能性は低いので、そう気にする必要はないのですが、キャリアアドバイザーは年収の高い求人で入社を決めてほしいと思っていることを頭に入れておいてください。

それを理解した上で、紹介された求人が自分にはハードルが高いと感じたときには、アドバイザーにその旨遠慮なく伝えてみてください。

 

その遠慮が今後の人生を左右する

相手の反応を気にしすぎる人に多い傾向ですが、転職という人生の大イベントにも関わらず、自分の希望や意見を述べることを遠慮する人がいます。
これは決して物事を良い方向には運ばず、キャリアアドバイザーと認識が食い違ったり、あなた自身は腹落ちしていないのに転職活動が先へと進んでしまったりすることが起こります。

これでは、あなたが現状を変えようとせっかく決断した転職活動も、はっきり言って台無しです。言うべきことは言う、疑問に思ったことは聞く、断るときはきっぱり断る。この基本は必ず守ってください。

 

また、担当のアドバイザーと相性が合わない、紹介求人が希望とミスマッチ等の理由で、アドバイザーを変えたい場合は、担当者変更を申請したり、他の転職エージェントを利用するといった判断も重要です。空気が悪くなるのが嫌だからこれで我慢しよう…

 は大概悪い結果を呼びますので注意してくださいね。

 

面接対策は入念にすること

企業に応募する際の応募書類は、時間の限り推敲できますし、キャリアアドバイザーにチェックしてもらうことで、完成度を上げることも可能です。しかし、面接は当然本番だけの一発勝負となります。

ぶっつけ本番でも問題なく話せる人も中にはいますが、多くの場合、限られた時間の中で、自分の実績や魅力を存分に伝えるためには、事前の準備が必須です。


転職エージェントは面接対策もサポートのうちですが、模擬面接に対応してくれる場合もあります。
実際にどんな質問をされるのか、受け答えや表現をどうするのかなど、試行錯誤し、且つフィードバックを受けられる良い機会です。人前で話すのが苦手な人や慣れていない人は、是非利用しましょう。

模擬面接は時間を取られるため、アドバイザー側から打診されることはないと思います。必要なら、あなたからアドバイザーに依頼してください。

 

キャリアアドバイザーからのフィードバックを重要視すること

キャリアアドバイザーからの何かしらのフィードバックは次に活かすことが大切です。これは、仕事でレビューを受けたり、資格試験の問題解説を読むようなものです。

ここでいうフィードバックとは、模擬面接の後や、企業面接後にアドバイザーから伝えられるものが該当します。これらのフィードバックはあなたの中で正確に理解する必要があります。このフィードバックに疑義がある場合は、必ず質問して腹落とししてください。

そして、「次はこうしてみよう」とブラッシュアップすることを忘れないでください。これができないと、何度も同じ失敗を繰り返したり、応用が利かない事態が起こりえます。

 

まとめ:複数の転職エージェントに登録し、比較検討すること

このように、転職エージェントはあなたの転職活動にメリットをもたらしてくれる反面、注意すべき点もそれなりにあります。その度合いも、エージェントやキャリアアドバイザーによって様々です。ですから、いくつかのエージェントに登録し、比較検討することが必須です。

 

実際に複数のエージェントに登録するとわかりますが、複数のアドバイザーによる意見から、より客観的な自分の市場価値が見えてきます。そして、自分がどんな企業から求められる人材なのかが理解できるようになります。

また、アドバイザーに対しても客観的な評価ができるようになります。

「A社の人の言ってることはよくわからないが、B社の人は適格なアドバイスをくれる」
「B社は大手でキャリアアドバイザーも素晴らしい。C社の人は中小だけど親身になってくれ、相談もしやすい」

等々、並べて比較することで、それぞれの特性が見えてきます。

 

このような比較による評価は、転職エージェントそのものよりも、キャリアアドバイザーに起因することが多く、「転職エージェントの評判」を調べてもなかなか見つけづらいものです。ですから、あなた自身がアドバイザーと対峙して判断する必要があります。自分に合ったエージェント・アドバイザーを見つけ、是非転職を成功させてくださいね。

 

ブログランキングに参加しています
記事を見て「参考になった!」という方は応援クリックをよろしくお願いします!

にほんブログ村 転職キャリアブログへにほんブログ村

転職・キャリアランキング